HOME>ホットトピックス>問題をしっかり解決に導くための分野を知ろう

強みある手続き

弁護士

岡山の法律事務所に在籍する弁護士は、民事手続きと刑事手続き、それぞれの分野で強みを持っています。仮に交通事故を起こしたとして、被害者に治療費や破損したクルマの修理費などの賠償金を支払わなければなりません。コレが民事責任で、責任の内容を定める手続きが民事手続きというワケです。すなわち、私人と私人との関係を定めるための手続きになります。被害者が重症で、警察から取り調べを受け、業務上過失致死傷罪に問われるかもしれません。これが刑事責任であり、懲役などの刑罰を定める手続きが刑事手続きとなり、こうした1つの行為であっても、問題に応じた手続きをしなければならず、弁護士もそれぞれ強み、弱みがあるということです。

色んな知識を持つ

岡山の弁護士に相談する前に、職種について知っておきましょう。弁護士になるためには、司法試験に合格し、研修して卒業試験に合格することが必要になります。特長として、実は、裁判官も検察官も同じ試験に合格する必要があります。したがって、弁護士は司法研修所で裁判官や検察官の研修も受けているということになります。メリットがあるなら、こうした職種にも強みがあるということです。民事、刑事、行政などの問題が生じたとして、その問題に向き合ってくれるのも岡山の弁護士になり、力強い助っ人になります。

広告募集中